本文へスキップ

子犬販売ブリーダー直販なら福岡『パピークラブ』

電話でのお問い合わせは092-753-7522

メールでのお問い合わせはこちら

子犬販売パピークラブ> 子犬のワクチン

犬のワクチン

予防接種は定期的に

犬も人間同様に予防接種が必要です。
人間の場合は、予防接種を1度受ければその病気に対する免疫ができ、ほぼ終生に於いて効力があります。しかし犬は、定期的に予防接種を受けなければ、免疫は持続せず効果がなくなります。
予防接種の効果が持続する期間は、おおよそ1年間ほどとされています。
病気の種類によっても違いますが、伝染病から守るには年に1度のワクチン接種を受ける必要があります。
国によっては、その種類ごとに期間を定めている場合もあります。


混合ワクチンで予防できる病気

狂犬病と混合ワクチンがあり、混合ワクチンには、2種〜9種が多く接種されています。
通常は、ブリーダーや獣医師と相談して、生体に合った混合種を接種します。

◆犬ジステンパー
古くから知られている伝染病で、現在でも2〜3年ごとに周期的に発生し、最近でも関東方面で大流行しました。 以前ほど発生件数は多くありませんが、まだまだ存在する代表的なウイルスの病気で、仔犬に多く発症し、感染率、死亡率がともに高いのが特徴です。

症状としては、まず高熱が出て、目やにや鼻水が出ます。その後、一時的に症状が治まることが多いのですが、1〜2週間後に歩けなくなるなどの運動障害が現れたり、神経系や脳が冒されることもあります。

より専門的に言えば、「外胚葉性」の症状が現れる病気であり、体の外側が主に冒されます。具体的には、鼻が硬くなったり、眼が冒されます。

死亡率の高い恐い病気ですから、必ずワクチンを打つようにしましょう。

◆犬伝染性肝炎
特に幼齢期に発症し、突然死の原因となる恐い病気です。症状としては、発熱、腹痛、下痢、嘔吐、扁桃腺の腫れ、眼球の白濁などが起こります。

以前は、この病気の予防接種を打つと、軽度に病気に感染し、眼が白く濁ることがありました。しかし、最近の予防接種は種類が違いますので、そのような症状が現れることはありません。

◆犬パルボウイルス感染症
ジステンパーと並んで、伝染力の強い恐い病気です。激しい嘔吐と下痢を起こし、症状が急激に進行して死亡するケースが多いので、以前は「犬のコロリ病」と言われていたこともあります。

ウイルスの抵抗力が非常に強いので、通常の消毒液では効果があまり現れません。やはり仔犬が犠牲になりやすい伝染病なので、ワクチンの接種を怠らないようにしましょう。

◆犬伝染性咽頭気管支炎
通常は、他のウイルスとの合併症を起こすことによって症状が重くなり、死亡率も高くなる呼吸器系の伝染病です。

感染すると、咳、くしゃみ、鼻水、気管支炎症状が見られ、最終的には肺炎を引き起こします。

◆犬パラインフルエンザ感染症
他の病原体との混合感染によって、症状が重くなる病気です。「ケンネルコフ」と呼ばれるのはこの病気を指し、特に仔犬に起こる代表的な呼吸器系の病気です。

仔犬が集団で飼われている場合に、他のいろいろな病原体と混合して起こることが多く、非常に強い感染力を示します。 咳や鼻水などの症状が現れ、運動後によく起こります。慢性の経過をたどることが多く、症状が治まったように見えても、また現れるのが特徴です。寒い時期に多いので、注意しましょう。

◆レプトスピラ病
2つのタイプがあり、1つは出血黄疸型で、黄疸、嘔吐、発熱、歯茎からの出血などの症状が現れます。もう1つはカニコーラ型で、下痢、嘔吐、発熱、脱水症状などが起こります。

どちらのタイプも、症状が進むと最終的には尿毒症となり、数日で死亡することがあります。これはネズミが媒介する病気ですから、ネズミがいるところではこの病気が発症する可能性があります。

現在では、九州地方に比較的多く見られるようですが、関東以北ではあまり発症例はないようです。しかし、いつ発症するか分からない病気ですから、やはりワクチンを接種し、予防しておくことが大切です。

また、この病気は人畜共通伝染病、すなわち動物から人間に伝染する病気の1つです。しかし、少なくともこの数年間、犬から人間に伝染した症例はないようです。とは言っても、伝染の可能性はありますので、愛犬がレプトスピラ病と診断されたら、食器等の消毒をしたり、糞便に直接触らないように手袋を着用して処理するなどの注意が必要です。

◆狂犬病
発症すると必ず死亡する恐ろしい伝染病で、人間にも伝染する代表的な人畜共通伝染病です。わが国では1957年以降、狂犬病の発症例は報告されていませんが、海外では依然として発生が続いています。

すべての温血動物に感染し、諸外国ではキツネ、コウモリ、リスなどの野生動物も狂犬病の発症に関与している例があるそうです。ウイルスが原因となる病気で、脳の神経が冒されるため、咬みつくなどの凶暴性を 発揮します。以前は、発症した犬は水を恐がると言われ、「恐水病」とも呼ばれてい ました。

ご存じのように狂犬病には予防ワクチンがあり、わが国では3カ月齢以上の犬は、年に一回予防注射を打つことが法律で義務づけられています。

免疫学上は、狂犬病の免疫がない犬が70%以上いれば、何らかの形で海外から狂犬病が輸入された場合、この恐い病気を防ぐことはできないと言われます。したがって、日本では40年以上発症していなくても、年1回の予防接種は非常に重要です。

日本で発生してないから!という安易さで接種されないケースが見受けられます。しかし諸外国では現在も発生しており、いつ人や動物、野鳥などの媒介により、日本へ持ち込まれてもおかしくありません。
発症すれば100%死亡することを再認識し、必ず予防接種を受けましょう。


ワクチン接種の時期

母犬の初乳を飲んだ子犬は、免疫も受け継いでいます。
その効力が無くなる頃に予防接種を受け、免疫を作る必要があります。

生後6〜8週間ごろに1回目、その3〜4週間後に2回目を接種します。
その後は、年1回、少なくとも2〜3年に1回は、定期的に接種します。

生後1年目は最低限で年2回、それ以後は定期的に接種する必要があります。
環境を考慮し接種回数を増やす場合もあります。

たとえば、生後18〜20週齢(4カ月半〜5カ月)までは、1カ月ごとに接種する方がよい場合もあります。また、1年目以降も、半年に1回接種すればより安全です。

伝染病が流行している場合や、交配前の母犬、アウトドア派の犬、希少犬などは接種回数を多くすることがあります。

何らかの事情で、初乳を飲んでない子犬は免疫がありませんので、生後2〜3週目に1回目を接種する必要があります。


接種時、接種後の注意点

接種の前に、体重や体温の測定など、基本的な身体検査を行う病院がよい動物病院です。また、糞便検査をして、寄生虫の有無を調べることが大切です。寄生虫がいると、予防ワクチンが寄生虫に取られてしまい、十分に効果が発揮されないことがあります。
原則としては、健康状態のよい時にワクチンを接種します。

ワクチンを接種してから免疫効果が発揮されるまでには、1〜2週間かかります。したがって、接種後1〜2週間は、知らない犬(予防ワクチンを接種していない犬)と接触することを避けるなどの注意が必要です。そして、十分な栄養を与え、ストレスの少ない環境で生活できるようにしましょう。

また、接種した当日はお風呂に入れるのを控え、激しい運動は避けてください。
稀に発熱など体調を崩す場合もありますので、接種後は注意が必要です。



子犬販売パピークラブ> 子犬のワクチン
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ